金・プラチナ・切手・ブランドの買取なら浜松市・磐田市の買取専門店大吉 浜松店・バロー磐田店

お見積無料!満足の高価格買取!その場で現金買取

買取専門店大吉 浜松店・バロー磐田店 古物商許可番号 静岡県公安委員会第491270003799号

2020/07/31

TUDOR(チューダー)の豆知識 ~誕生と変遷~

TUDOR(チューダー)とロレックスは兄弟ブランド

スイスの時計ブランド、チューダー(TUDOR)。往年の時計コレクターにとっては、かつての呼称、チュードル(TUDOR)の方が耳馴染みがあるかも知れません。もともと、ロレックス(ROLEX)の廉価ブランドとして派生したチュードル(TUDOR)ですが、現在ではロレックスグループ内における独自路線のブランド、チューダー(TUDOR)としてさらなる進化を続けています。今回は、ロレックスの廉価ブランドとして誕生したチューダー(TUDOR)の変遷についてご紹介致します。TUDOR チューダー チュードル 時計 ブランド■チュードル(TUDOR)の誕生

ロレックスの創業者、ハンス・ウィルスドルフにより1926年に創立。ロレックスで培った高い時計技術を、より安価に世間に広めるというコンセプトのもと誕生した、ロレックスの兄弟ブランドです。ロレックスにおける時計設計のノウハウを活かし、ETA(エタ)製のムーブメントを採用することでより安価な時計を提供することに成功しました。
■チュードルはリーズナブルなロレックス?
ロレックスの人気モデル、サブマリーナのチュードル(TUDOR)版に加え、エクスプローラー1に酷似したレンジャーなど、ロレックスと部品を共有するモデルを次々と発表。ロレックスの時計技術が集結されており、リーズナブルでハイスペックな時計として、その人気は不動のものとなります。
■ロレックスからの脱却、そしてチュードルからチューダーへ
ロレックスの兄弟ブランドとして人気を博したチュードルですが、チュードル独自の『イカ針(スノーフレーク針)』の登場を機に、1970年代から、独自路線へのシフトが始まります。1980年代に入ると、一部の並行輸入店を除き、日本市場からその姿を消します。しかし、その後も進化は続き、2015年には完全自社製ムーブメントへの変更も発表。そして2018年、チューダー(TUDOR)として、満を持して日本への再上陸を果たしています。

如何でしたでしょうか?チューダー(TUDOR)は歌手のレディ・ガガさんや、サッカーのデイヴィット・ヴェッカム選手など、世界の著名人も愛用することで知られています。今回は2018年に日本再上陸を果たしたチューダー(TUDOR)の変遷についてご紹介させて頂きました。

お見積無料!買取のことならお気軽にご相談ください!買取専門店大吉浜松店 0120-661-077買取専門店大吉バロー磐田店 0120-666-325

メールフォームからもお問い合わせ頂けます。

メールでのお問合せ